お取り扱いの注意とアフターサービスについて

当店のRETRO家具に関して

当店で扱っているRETRO家具は、製造から30~50年ほどの年月が経った家具か、それらを素材に製造当時の雰囲気でリメイクした家具です。
良質のアンティーク家具を熟練技術者によって、一般の家具同様にお使いいただけるよう修復し、お手頃な価格にて皆様のお手元へとお届けしております。
アンティーク家具には一般の家具にはない雰囲気や重厚感、そして上質の天然素材で作られている等の長所がございますが、現代のものと比べ水気や熱などに弱 い塗装や、天然素材故のゆがみや割れ等の短所も併せ持つことをご了承下さい。
また、当店の家具は元の塗装を剥離して、小傷を削り飛ばすなど下地処理をして再塗装したものがほとんどですがアメリカンヴィンテージ家具に多いラッカー塗装か、デンマークユーズド家具に多いオイル仕上げのどちらかです。
これは、アンティーク・ヴィンテージの雰囲気や素材感を最大限に活かし、メンテナンスの容易さに留意した最適な方法と考えています。
上記のような気遣いが日常使用において必要ですが、「質感を大切に守ることがアンティークの魅力を伝えること・・・。」
以下の注意点をご理解、お願いします。

お取扱いの注意事項

輸入アンティーク家具は気候風土が日本とは異なる土地で製造され、永年の時を経て現代に至っております。
日常の使用には特に差し障りはございませんが、現代 の工業規格品に施されているウレタン等の塗装家具と異なり、熱・日光の影響を受ける、溶剤に弱い(シンナー・ベンジン・マニキュアの除光液等)などの短所があり、日常使用においてほんの少しの気遣いが必要となります。

お手入れの方法

日常では乾拭き・水拭きで十分ですが、数か月に一度、家具WAXやオイルの塗布をしていだだけますと、いつまでも永くアンティークの雰囲気をお楽しみいただけます。
当店では、100%天然原料である蜜蝋ワックスを推奨しております。お値段もお安いですし、家具に限らず革製品・プラスチック製品にも鈍いツヤと潤いを与えることができます。

アフターサービス

当店にてお買い上げいただいた商品については、いつでも再レストア(修理・修復)が実費で行えます。
また、納品後3カ月以内の機能的な不具合は初期不良として無償にて修理いたしますが、お客様の要求するレベルによっては有償となる場合もございます。
初期不良による修理保障は特定商取引法に基づく表記をご覧下さい。

■有償修理・加工の例

例)センターテーブルの天板のみの塗り替え(塗装の劣化、小傷の除去)
     w1200 D600 ぐらいまで、¥5,000程度
レストア画像 例)ブックケースの塗り替え(塗装の劣化、小傷の除去)
     w900 D300 H900ぐらいまで、¥12,000程度
例)チェスト類などの抽斗の調整
     1箇所につき¥2,000程度
例)ガラスや金属パーツの破損による交換
     実費+時間工賃(お見積りします。)
例)AVボードのガラスハッチのガラス交換
     1箇所¥3,000程度
例)コレクションケースのガラス交換
    1箇所¥5,000程度
施工する表面積、施工時間によって料金が変わります。
メールなどでお問い合わせいただければ、お見積り致します。
他店商品の修理・修復も可能ですが当店の販売するような輸入家具でない場合やウレタン塗装された家具の場合には、施工料金が高額になり、お勧めしない場合もあります。 正確なお見積りをお出しするため、状態が確認できる詳細な画像などをお送りください。